突然ですが、絶対音感ってしっていますか?

あの名探偵コナンでも絶対音感を取り上げた話がありましたね・・(笑)

今回は絶対音感について詳しく書いていきますよ!

・絶対音感ってなに
・絶対音感のトレーニングの時期
・絶対音感のトレーニングの方法
・絶対音感と相対音感

このように盛りだくさんでお届けしちゃいます。

子供に絶対音感を身につけさせたい!というママやパパにはぜひ読んでほしい記事になっています。

参考にしてくださいね!

音楽


Sponsored Link

絶対音感ってなに?

そもそも絶対音感って何かしていますか?

絶対音感とは

『音を聞いただけで、どの音かを理解できること』

をいいます。

 

絶対音感は楽器でその音を確認しなくてもいいんです。

例えば、ピアノの音を聞いたときにドを弾いたらドであるとか、ミであるとか瞬時にわかってしまうんですよね。

この絶対音感は今までは偶然・遺伝説が有力でいたが、今では幼児期に鍛えることで取得が可能であるといわれているんですよ!

 

絶対音感ってすごいですね!

もしこれを自分の子供が身に着けることができるなら・・・

練習させたくないですか!?

これからもう少し詳しく見ていきますよ!

絶対音感があると何ができる?

では絶対音感があると何ができるのでしょうか?

よく音楽家の方は絶対音感を持っている方が多い位ですよね。

・耳で聞くだけでピアノがひける
・楽器を確認しなくても楽譜が書ける

以上が絶対音感を持っている方ができることになります。

 

ヴァイオリンを演奏する際にも絶対音感ってとても役立つんです。

弦をどこを押すか、押し方さえわかっていれば、細かい音まで感じ弾くことができるんですよ。

 

絶対音感は音楽分野で力を発揮します。

これからピアノやヴァイオリンを習わせたいというパパやママは子供に絶対音感トレーニングをしておくことをおすすめします。

ピアノやヴァイオリンをひくことがきっと楽しくなりますよ。

絶対音感は鍛えれば身につく?

実は絶対音感は鍛えれば身に付きます!

特に幼児の頃に鍛えれば確実に絶対音感はを手に入れることができます。
(年齢に関しては次から詳しく書いていきますね!)

 

さらに絶対音感は聴覚・脳の発達にとてもいい影響があるといわれています。

家庭でも気軽にできるので、家族でゲーム感覚で鍛えてみてくださいね!

これから何歳くらいで鍛えればいいのかや、練習方法をかいていくのでもう少し待っててくださいね!

絶対音感のトレーニングは幼児の頃がいい?

絶対音感のトレーニングは幼児の頃のほうがいいです!

ある統計では、3歳ぐらいの子供が2年半程度の訓練を積むと絶対音感が習得できるというデータがあります。

さらに5歳であれば、90%、6歳であれば50%の子供が絶対音感を取得することができるそうです!

 

もっと細かくいうなら、幼児期の聴覚が敏感な時期に行うことが大切です。

この聴覚の敏感な時期は3歳~7歳の間に現れるんです。

 

ではこの聴覚が敏感な時期はどのように見極めるのかというと・・・

『子供をよく観察する』これしか方法がないのです。

 

子供があるときに音に対して行動する時期があります。

子供が繰り返ししている行動が音に関することであれば、音に対して敏感になっている時期ということです。

一定の場所で声を出したりしていたら、それは聴覚が敏感になっている証拠。

まずは自分の子供の行動をよく観察してくださいね!

大きくなってから絶対音感は身につく?

では逆に大きくなってから見につくのでしょうか?

答えはNO!です。

 

8歳を過ぎてしまうと訓練しても習得できないそうです・・・。

なのでトレーニングをするなら3歳~6歳までがベストです。

 

大人になるとある程度、この音はこれかな?くらいにはなりますが、正確なものは身につかないんです。

私も絶対音感を身に着けたいですが今となってはもう無理です。

娘にはつけさせてあげたいなって思っています。

Sponsored Link

どうやって絶対音感を鍛えればいい?

a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_s
では絶対音感はどのように鍛えればいいのか見ていきましょう。

まず、トレーニングを始める前に、ピアノを用意します。

もちろん電子ピアノでOKですよ!

バイオリンや歌声だと正確な音が出しにくいので必ずピアノを使いましょう。

 

①単音を出し、子供にどの音かを当てさせる
まずはドならドとひいて、音を出してみます。

この時に、子供に鍵盤を見せてはいけません。

また、楽しみながらゲーム感覚で音を当てるようにします。

 

②和音をひいて、子供にどの音かを当てさせる
次にドレミのように和音を出してみます。

これも単音のときと同じように鍵盤を見せてはいけませんし、楽しくするのがポイントです。

 

③大人が引いた旋律を子供に聞かせて、同じ旋律をひいてもらう
大人がまず子供に鍵盤を見せずに旋律をひきます。

そしてそのあと、子供に同じように弾いてもらいます。

 

⑤大人が曲をつくり、子供に楽譜を書かせる

 
 

以上4つが絶対音感のトレーニングになります。

この①~④の段階を踏んでトレーニングをしていくのがポイントになります。

 

まずは単音を当てるゲームで、カルタのようにカードにドをかいて、大人が引いた音のカードをとるという方法もいいですよね!

楽しんでトレーニングをすることが一番大切です。

 

怒ったり、どなったりしてはいけません。

子供もやらなくなります。

ゲーム感覚で子供と楽しみながらしてくださいね!

絶対音感のトレーニングの注意点

ここでは絶対音感のトレーニングの注意点をかいておきます。

絶対音感のトレーニングは上でも書いたように楽しくするのがポイントです。

 

そのほかには・・・

●毎日少ない時間でもいいからする
●正解したときはおもいっきりほめる
●しからない
●調律ができているか確認する

以上が注意点になります。

 

まず、絶対音感のトレーニングは20分でもいいので毎日行うことが大切です。

聴覚の発達にもなりますよ。

 

さらに音を正解したらおもいっきり褒めてくださいね!

褒められたら子供はどんどんやる気になります。

もっと正解したい!という気持ちを芽生えさせるのがポイントになります。

 

そして必ず調律がしっかりしてあるピアノを選びましょう

教える音が間違ってたらなんの意味もありません。

 

以上が注意点になります。

子供との遊びの時間で気軽にとり入れられるのでぜひ取り入れてみてくださいね!

絶対音感と相対音感って?

今まで絶対音感について見てきましたが、絶対音感のほかに『相対音感』という言葉は知っていますか?

ここからはこの相対音感について見ていきますよ!

 

そもそも『相対音感』とは・・・

直前に聞いた音に対して次の音の高低がわかる

このようになります。

 

はてなマークですよね!

例えば、ドを弾いた後にレを弾いたら高く聞こえますよね?

このレの方が高い!と感じることを相対音感というんです。

 

おいおいおいおい!それ私ですらわかるわ!とおもったあなた。

そうですよね!この記事を書いている私でさえわかります。

相対音感は誰でも持っています。

 

しかし違うのはその『精度』です。

相対音感が優れている人はどのくらい低いか、どのくらい高いかを瞬時で見分けることができるんです。

曲を流してみて、この音はさっきの音よりもどれくらい低いか高いかがわかってしまうんですよ。

 

では絶対音感と相対音感の違いってなんなのかなって思いますよね!

絶対音感はドならド、ミはミと音感と音程が結びついているので固定のドやミしか理解ができないんです。

 

ドといっても低いものから高いものまでありますよね?

そうです!この低いドから高いドを正確に当てられるのが相対音感になります。

 

どうですかね?

わかりましたかね。

相対音感はもとから人に備わっている力です。

ですが鍛えることで格段にその精度は上がります

 

そこで、幼児に絶対音感を習得しつつ、相対音感も鍛えておくことで、なお音楽の世界では役に立ちます。

音の高い低いもわかるのでより精密に楽器を弾くことができるし、楽譜を書くことができるのです。

相対音感はどうやって鍛える?

実は相対音感は大人でも鍛えることができます

なのでパパやママも子供と一緒に鍛えてみてくださいね!

最後は相対音感の鍛え方を書いていきますよ!

 

相対音感は『ソルフェージュ』という練習方法が基本になります。

これは楽譜をみて階名(ドレミファソ)を付けて歌う練習をして習得していくという方法になります。

 

さらに、聴いたメロディーや和音を楽譜に書く練習もします。

この時にコードネームや音楽記号も書けるようにするんです。

これを繰り返すことで、階名が聴ければ、それがどの音か、すべての音を聞き取ることができるんですよ。

 

でもなかなか難しいですよね!

あるいみ絶対音感より複雑と思ってしまいます。

 

ですが、相対音感があれば、どの楽器でどの音なのかがわかるんですよ。

例えばギターを弾くときは弦の押し方さえわかっていれば、弦でドを弾かれたときに次はレはどこを弾けばいいのかわかっちゃいます。

 

音楽教室ではこのようなソルフェージュをしてくれるので、受けてみるのもいいですよね。

ピアノ教室

まとめ

今回は絶対音感のについてみてきました!

 

絶対音感は3歳~6歳のうちに練習すれば必ず身に付きます。

しかし、それ以降は身につくのがなかなか難しいです。

逆に相対音感は大人になっても身に付きます

 

絶対音感と相対音感を持ち合わせてることでより正確に音を聞き分けることができちゃうんですよ!

なので、楽器を習わせたい!とおもっているママやパパは練習させるといいですね!

 

しかし、練習するにあたり、おこったり、怒鳴ったりしないことが大切です。

あくまでも楽しんでさせるのが◎

音楽そのものが嫌いになってしまったら何の意味もありません!

 

相対音感はママやパパも鍛えられるので、全員で楽しみながらぜひ習得してみてくださいね!

将来音楽家なんて夢が膨らんじゃいますよね!

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link