日本の伝統的な遊びと言えば凧揚げ

お正月になると凧揚げがしたくなりますよね。

 

寒くて外に出るのは嫌だけど、凧があがる姿は子供の頃を思い出させてくれる気持ちになります。

そんなに楽しい凧揚げですが、風の強い冬にしか使えないのが難点。

 

簡単な凧でも子供には難しいですが、冬休みに子供と一緒に作ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

出来上がった凧があがる飛ぶ姿はきっと大きな喜びと達成感を感じることと思います。

 

竹ヒゴやタコ糸なんて家になくても大丈夫です。

お手軽に作ってしまいましょう。

凧揚げ


Sponsored Link

簡単にできる凧揚げの作り方は?

簡単にできる作り方を見ていきましょう!

それは

『ぐにゃぐにゃ凧』

手軽に作りたいので、家にあるもので作りましょうね。

 

材料
大きめのスーパーのビニール袋や紙袋
ストロー
つまようじ
タコ糸や毛糸

セロハンテープ
ものさし
ハサミやカッターナイフ
千枚通しなど穴を開けるもの

 

今から凧揚げを作るのに大事なポイント4つを紹介します。

 

1.ストロー
曲がるタイプのストローの場合、曲がるところは切り捨てます。

曲がった部分を使ってしまうと、風がうまく流れないため、上手にあげれません。

 
またビニールが大きい場合はストローを何本か合わせて長い骨にするのですが、ストローをつなぎ合わせる際、片方に5ミリほど切り込みを入れると合わせやすいです。

また合わせた所はセロハンテープでしっかりと固定します。

 

2.紐の長さ
両端をつなぐひもの長さは凧の縦の長さのおよそ2倍を目安にしてください。

絡みそうですが、短くしてしまうと高く飛ぶことができません。

また、動画ではテグスを使っていますが、タコ糸や毛糸で大丈夫です。

 

3.バランス
ストローの長さやビニール袋、紐は左右対象になっていますか?

ビニールの形を変えて、ちょうちょのような形にするのもかわいいですが、凧はバランスが1番大切です。

左右が同じになるように、ここでしっかり調整をしましょう。

 

4.デザイン
小さなお子さんだと絵が描けないため、シールにしようかと思われるかと思いますが、シールを貼ってしまうと凧が重たくなり上がりにくくなります。

好きなイラストの上にビニール袋を重ね、油性マジックを使いなぞり書きをしてください。

 
ストローなどをつける前に絵を書いたほうが描きやすいですよ!

さらにシッポなどをつけ、オリジナルの凧を完成させてください。

作った凧揚げをあげてみよう!

まずは準備運動です。

お正月休みで固まってしまった体、そして外は寒いです。

体を痛めてしまわないようにしっかりアキレス腱などは伸ばしておきましょう。

 

準備ができたら、凧を飛ばす係と凧を持つ係にわかれましょう。

数メートル離れてスタンバイし、凧は優しく持ちます。

 

一緒に軽く走り出し凧が風をうけたら、紐を少し引っ張ります

そうすると凧は空高く昇っていくでしょう。

 

凧を引いたりしながら、調整をすると長く飛ばすことができます。

凧揚げ

凧揚げができる場所は?公園で揚げてもいい?

凧揚げをするときに気をつけたいのが場所ですね。

架線や電線、高速道路また飛行場などが近くにある公園や広場は凧揚げが禁止になっていることがあります。

禁止事項に凧揚げがないか確認してみてください。

 

凧揚げが禁止になっていなければ公園でも凧揚げが可能です。

ですが遊具が近くにあったり、人がそばにいるときは別の場所に移動しましょう。

 

高い木が近くにある場合も避けた方が良いでしょう。

凧が絡んで取れなくなってしまう危険があります。

 

オススメは海辺です。

風が強いので、簡単にあげることができます。

 

通路などは人にぶつかり、危険です。

周りをよく見て行ってくださいね。

Sponsored Link

上手く揚がらなかったときは?

凧を持つ方は風下にいますか?

風を受けないと凧は上がりません。

 

河川敷など風が強いところで凧揚げをするのが1番あがりやすいですが、もし風が少ないのであれば2人で走りだし、風を受けたタイミングを見計らって、手を離します。

この時に、少し凧を持ち上げるように手を離すことがポイントとなるでしょう。

 

紐を持っている方は、紐を伸ばしながら凧が安定して風に乗るまで走ります。

凧が風に乗ったら、時々紐を引いたりして凧を操作します。

あまり紐を長く出しすぎると紐が緩み落ちやすいので、ぴんと張っているのを目安にしてみてください。

 

さらに、シッポはつけていますか?

くるくると回りやすいのでしたら、シッポをつけてみるのもオススメです。

凧揚げ名人直伝!凧揚げのコツは?

凧揚げは通常2人で行う方が簡単です。

ですが、ここまできたら1人でも凧をあげてみたいですよね。

 

利き手で紐を持ち、反対の手で凧の中心の上を持ちます。

周りに人がいないのを確認し、凧を持つ手はできるだけ上にあげ走ります。

 

風を受けた感覚があれば凧を持つ手は離して大丈夫です。

紐をこまめにひきつけ風を味方に高く上昇させましょう。

 

凧のしっぽを長めに作成するのも高く上げるコツになります。

凧につけているしっぽは、飾りではありません。

 

風になびいたしっぽが、凧を引っ張り、その力によって凧がぐるぐると回ってしまうのを防ぐことができます。

かと言って、しっぽに重石をつけて安定させても効果はありません。

 

しっぽは風を受けやすい素材であれば良いので新聞紙などでも構いません。

しっぽの数を増やしたり、長さを工夫し最適なバランスを見つけてください。

 

大丈夫です。

きっとできますよ!

まとめ

凧揚げは、中国から伝わってきたのですが、昔は戦で使われたりしていたそうです。

江戸の頃になると、お正月に両親が男の子の出生を祝い、成長を祈るため、また厄を払うために行われているだそうです。

 

あまりの凧揚げ人口に凧揚げ禁止令が出たお話もあります。

歴史が古いんですね。

 

もしも電線などに凧が引っかかってしまったときは、無理に取らないでください。

紐を伝って感電する危険が非常に高いです。

 

引っかかってしまった場合は、管理している電力会社に連絡をし、取ってもらいましょう。

慣れてきたら、ストローの骨組みを工夫したり、ビニール以外でも作ってみるのも楽しいと思います。

 
楽しく、怪我や事故、周りの人に迷惑がかからないよう気をつけて、凧揚げを楽しんでください。

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link