赤ちゃんが生まれて初めの大きなイベントがお宮参りではないでしょうか。

産後のお母さんと生まれた赤ちゃんにとっては初めてのことでどうしたらいいのか、不安に思われているかもしれませんね。

お宮参りの着物は、男の子と女の子で決まった柄があります。

今回は男の子のお宮参りについて、着るもの、必要なものについてご紹介します。

慌てることなく準備できるよう、是非参考になさってください。

お宮参り


Sponsored Link

お宮参りとは?

お宮参りとは地域によって諸説ありますが、新しい命の誕生を祝って土地の守り神様と対面させ、健やかな成長を神様にお願いすることです。

古くから伝わる日本の伝統行事で、昔はお産は「けがれ」とされていたので、お母さんの「けがれ」を払う意味もあると言われています。

男の子は生後30~31日女の子は生後31~32日の時にするのが一般的に言われていることですが、こちらも地域によって様々です。

赤ちゃんの健康状態やお母さんの産後の体力の回復具合をみて、だいたい生後100日くらいまでにはやれるようにすればいいでしょう。

男の子には何を着せればいい?着物の着せ方は?

お宮参りでは旦那さんのお母さんが赤ちゃんを抱っこして、そこに赤ちゃんを包むように祝い着を羽織わせます

男の子の祝い着は婚家先の家紋を入れた五つ紋に柄は龍や鷹のような模様が多く、これは男の子に強くたくましく成長してほしいという願いが込められています。

最近ではお宮参りで使う祝い着を、七五三の三歳の祝い着に出来るものもありますね。

赤ちゃんには「身着せ」という一つ身の着物を着せます。

身着せを着せない場合はベビードレスを着せます。

着物なので着せるのが難しいと思われるかもしれませんが、身着せの着せ方はとっても簡単です!

身着せは着物と袖がないちゃんちゃんこのセットになっているものがほとんどなのですが

①肌着を着せる
②着物を着せる(着物についている紐を結ぶだけ)
③着物の上からちゃんちゃんこを着せる(着物だけを切る場合は着物を着せた後兵児帯で締めてあげましょう)

あまり赤ちゃんに着物を着せてお宮参りをする人はいなくなってしまったので、残念ながら身着せはもうあまり作られていないので販売しているのを見ないかもしれません。

身着せはお宮参りの時だけではなく、初正月や初節句の祝い着としても使えます。

ベビードレスも可愛いですが、身着せも可愛いですよ。

どこで準備するの?

お宮参りの準備は、お宮参りに行く前までに準備しておくほうがいいものと、お宮参りに行ってから準備するものがあります。

行く前までに準備するもの
・着物の仕付け糸を取っておく
・扇子に赤ちゃんの名前と生年月日を記入しておく
・祝い着の紐に紅白の水引等で小物を取り付けておく(お守り袋、扇子、犬張り子、でんでん太鼓等)

スムーズにお宮参りを終わらせられるように、出発前に家で済ませておきましょう。

お宮参りに行ってから準備するもの
・祝い着を掛けまわす
(赤ちゃんの着物は、祈祷場所が家から近ければ着せていけばいいのですが、少し離れている場所の時等は着替えさせる場所があれば神社についてからでもいいでしょう)

お宮参りの祈祷をしてもらう前に、待合室やそれに似た場所が用意されている場合があるので、そこで準備しましょう。
そういった場所がない場合は、祈祷が始まるまでに神主さんの準備で少し時間があると思うので、そのすきにやりましょう。

祝い着は記念撮影の時だけでも大丈夫です。

赤ちゃんがぐずってしまっていたり、真夏の暑い日などは無理に祝い着を掛ける必要はありません。

赤ちゃんに合わせて臨機応変にいきましょう。

そのためにも事前に準備できるところはしておくほうがいいでしょう。

Sponsored Link

お宮参りに必要なものは?

お宮参りに必要なものです。

・着物 
・赤ちゃんの帽子(大黒帽)とよだれかけ
・お守り袋
・扇子
・犬張り子
・でんでん太鼓

上記は一般的にお宮参りで使われるものです。

必要なものは地域によって少し変わってきます。

実家に聞いてみるといいですね。

他にはお宮参りをする季節に合わせて、赤ちゃんが快適に過ごせるように着替えやおくるみを。

それからおむつや赤ちゃんが水分を取れるよう飲み物などを忘れずに持っていきましょう。

お宮参り

赤ちゃんが注意しなければいけないこと

お宮参りは赤ちゃんにとっては初めての外出になることがあると思います。

まだ赤ちゃんは外には慣れていません。

短時間で終わるようにしましょう

お宮参りに行くのは大体生後一か月くらいですが、これは必ずではありません。

赤ちゃんの様子や気候天候によって家族で話し合っていい吉日を選びましょう。

真冬や真夏は赤ちゃんにとって短時間であっても負担がかかったりするので、避けたほうがいいでしょう。

気候のいい時でも、常に赤ちゃんの様子を見てあげて、無理をさせないようにしてあげましょう。

まとめ

日本の伝統であるお宮参り。赤ちゃんの神様へのご挨拶です。

せっかくですから日本の衣装である着物を着せて、素敵な祝い着でお祝いしてみてはいかがでしょうか。

当日慌てることがないように準備しておきましょう。

主役は赤ちゃんですから、赤ちゃんのペースに合わせて素敵なお宮参りの日をむかえてください。

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link