冬になると悪さをしだすインフルエンザは、子供が幼稚園や保育園に行っている妊娠中のママは心配ですよね。

そこで今回は妊娠中のインフルエンザの予防接種について見ていきます。

予防接種を受けてもいいのか、胎児への影響などこれを読めばまるっとわかりますよ♡

ぜひ参考にしてくださいね。

注射


Sponsored Link

妊婦がインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫?

妊娠中の予防接種は受けても大丈夫です。

むしろ受けたほうがいいです。

妊娠中は体力が低下し風邪や感染症にかかりやすくなっています

 
インフルエンザは不正化ワクチンといって、死んだウイルスを使用して作られているんです。

そのため、毒性がないのです。

 
そのため妊娠中に接種してもOKなんですよ!

少し安心しましたか?

 
次からはさらに詳しく見ていきますよ!

胎児への影響や副作用など気になることをとことん書いていきます。

一緒に見ていきましょう。

インフルエンザの予防接種の赤ちゃんへの影響は?

ではまずは赤ちゃんへの影響について見ていきたいと思います。

 
先ほども書いた通り、インフルエンザのワクチンは不正化ワクチンで、死んだウイルスを使っているので、毒性がありません。

そのため、予防接種を受けても、母体や胎児への影響は極めて低いとされています。

なので妊婦さんが望めば予防接種してもいいんですよ。

 
逆に風疹の予防接種は活性化ワクチンになっているので、妊娠中は打てません。

インフルエンザの中のワクチンには防腐剤の有機水銀、チメロサールというものが入っているものがあります。

 
水銀と聞くと不安になると思いますが、この成分も赤ちゃんには問題ないとされているので安心してくださいね。

しかしこのチメロサールがはいっていないワクチンもあるので、ぜひ病院の先生に聞いてみてください!

 
さらに嬉しいことに、ママがインフルエンザのワクチンを打つことで、赤ちゃんにもその抗体がいくので、直接ワクチンを打つ年齢生後6ヵ月まで赤ちゃんを守ってくれるんです!!!!

これは驚きですよね。

ぜひ受けてくださいね!

ママと赤ちゃん

インフルエンザの予防接種の副作用はある?

ここでは気になる副作用について見ていきましょう!

・接種した部分が赤くなる、腫れる、痛む
・発熱や頭痛
・30分以内のアナフィラキシーショック

以上3つがおおきな副作用になります。

 
しかし、確率的には本当にわずかです。

特にアナフィラキシーショックは30分以内に蕁麻疹や呼吸困難といった症状が現れますが、ほとんどありません。

なので安心してくださいね。

 
そして、胎児に関して流産や先天性異常が起こりやすいということもありません

報告されていないと厚生労働科学研究所からも出ているので安心してくださいね!

 
これなら赤ちゃんのために打っておこうと思いますよね。

赤ちゃんのためにも受けよう!と思っている方は、どこで受ければいいでしょうか?

 
それは『かかりつけの産婦人科』です。

産婦人科ではインフルエンザの予防接種が受けることができます。

しかしインフルエンザの予防接種を実施していない産婦人科ももちろんあるので、事前に確認してくださいね!

 
ちなみに私の産婦人科ではインフルエンザの予防接種をうけることができました!

私は冬生まれの子供だったので受けていませんが、冬に妊娠中のかたは受けている方がたくさんいましたよ!

インフルエンザの予防接種を受ける時期は?

では予防接種を受ける期間を確認しておきましょう。

『妊娠の全期間摂取することが可能』です。

 
しかし妊娠初期は胎児の状態も不安定なため、自然流産を防ぐためにも受けない方がいいと説明すつ医師もいるそうです。

ぜひかかりつけの産婦人科の先生に聞いてみてくださいね。

 
安全のためにも胎児が落ち着く安定期に入って打った方が安心できますよね。

接種時期はかかりつけの先生が必ず説明してくれるので、医師の判断に従うことが大切です。

先生と胎児の状態、母体の状態をみながら予防接種を受けれるので安心してくださいね。

Sponsored Link

インフルエンザの予防接種の料金は?

では予防接種の料金を見ていきましょう!

『2,500円~3,000円』で受けられる婦人科が多いようです。

 
実はインフルエンザのワクチンは健康保険がきかず自費になるんですよ。。。

なので価格は病院によってさまざまなんです。

 
ちなみに私の通っていた産婦人科では2,500円で受けることができました。

本当に価格は病院によってばらばらなので、妊婦検診にの際にでも聞いてみるといいですよ!

値段を聞けば安心できますよね!

予防接種を受けないことの恐さとは?

ではここでは、予防接種を受けない恐さを書いていきます。

ちょっと厳しくなるかもしれませんが、大切なところです。

ぜひ読んでください。

 
今では赤ちゃんの予防接種もそうですが、任意のものは副作用が怖くて受けられないというママがいます。

インフルエンザワクチンに関しても、副作用が胎児の影響が気になって受けたくないというひともいます。

 
しかしこれは間違いだと私は思います。

予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまいます。(後ほど説明しますね!)

 
ではなぜ予防接種が必要なのか・・それは『重症化を防ぐため』なんです。

妊娠中は赤ちゃんを守るため、自分の体の抵抗力が落ちやすい状態になっています。

そのため、インフルエンザにかかるとひどいときは集中治療室に入ってしまう場合もあります。

 
さらに、赤ちゃんにも影響があるんですよ。

インフルエンザのワクチンを打っておけば重症化せずに済みます

胎児にも影響が行かず安心して出産に臨むことができます。

 
これから赤ちゃんの予防接種を控えているママにも同じことが言えます。

副作用の心配も大事ですが、もしその病気にかかったことを想像してみてください。

自分の子供が苦しむ姿は見たくないですよね。

妊婦

インフルエンザは予防接種をしても完璧じゃない?

上でも書きましたが、インフルエンザの要望接種をしていてもインフルエンザにかかってしまうときはかかってしいます。

しかし重症化が防げます

 
私の実体験を書いておきますね!

 
インフルエンザの予防接種をした年にインフルエンザのを見事にもらったんですが、なんと!

あまり高熱が出ずかるくで済みました。

え?これがインフルエンザなの?くらいです。

妹もおなじようにワクチンをうっていたので高熱に悩まされるなんてことはなかったですね!

 
このように軽くで済んでしまいます。

なのでぜひ打っておいて損はないです。

インフルエンザにかからないためには?

やっぱりなんといってもかからないようにすることが大切です。

最後はインフルエンザにかからないようにする対策を見ていきましょう。

 
・外出は控える
人ごみの多い場所や、冬場の外出はなるべくなら避けた方が◎

菌をもらいに行っているようなものです。

人ごみの中にインフルエンザに感染している人がいたら大変ですよ。

 
・外出するときはマスクを着用する
どうしても外出しなければならないときは必ずマスクを着用しましょう。

それも使い捨てのほうがいいです。

帰ってきたら、丸めてすぐに捨てましょう

私も妊娠中は必ずマスクをして外出していました。

 
・手洗い、うがいを徹底する
手洗いとうがいは基本中の基本ですよね。

帰ったらすぐ洗うことが大切です。

手洗いうがいをしっかり実行するだけでかなり感染を防ぐことができますよ。

 
・加湿をしっかりする
インフルエンザの菌は寒さと乾燥している環境が大好きです。

室内の湿度・温度を上げておくことがとても重要になっています。

加湿器を利用するのはとっても効果があります。

 
・アルコール消毒をする
手をあらった後は必ずアルコール消毒をするのも効果があります。

病院にもよくおいてありますよね。

ドラッグストアでも購入することができるので、ぜひ買っておいて損はないです。

 
・食事から免疫力を高める
免疫力を高める食事は効果があります。

バランスよくたべることが大切になってきます。

納豆や、おくら、フルーツ、魚、緑黄色野菜などしっかり3色バランスよく食べることが大切です。

 
・適度に運動をする
運動も免疫力を高めるにはいいです。

しかし決して無理だけはしないでください!

散歩をかねてのウォーキングだけでも違います。

私は娘とよく散歩していました。

・睡眠をしっかりとる
睡眠は基本中の基本です。

妊娠中は眠りが浅くなります、よく寝れないということも。

しかし寝れるときにしっかり睡眠をとっておくことで体が疲れず、休まります。

結果免疫力が高まります

 
・ストレスをなるべくためない、入浴する
入浴もとっても効果的!

血行を良くすることで、免疫細胞も活発になり、ウイルスが死滅します。

湯船につかることでストレス解消にもつながるんですよ。

なのでオススメです。

足湯だけでも効果があるのでぜひ実践してみてくださいね!

 
以上がインフルエンザにかからないために普段からできることになります。

どれも簡単に取り入れられリものなのでぜひしてみてくださいね。

 
ちなみに運動をしていると産後はとっても楽です!!

息子を妊娠中に無理のない程度にウォーキングをしていたんですが、産後が本当に楽でした!

ぜひオススメします♡

女性

まとめ

いかがでしたか?

今回は妊娠中のインフルエンザの予防接種についてみてきました!

インフルエンザの予防接種はうけといて損はありません

母体にも胎児にもほとんど影響がありません。

むしろ受けておかないと、重症化し、最悪入院なんてことになりかねません。

 
インフルエンザにかかってしまったら胎児への影響も心配です。

副作用もめったに報告されていませんし、値段も比較的ワクチンの中でも安く受けられるので、ぜひ考えてみてくださいね。

胎児を守れるのはママしかいません
 。

ぜひ今ワクチンを受けようか悩んでいるかたの後押しになればと思います!

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link