待望の赤ちゃんが生まれた!

学資保険加入しましたか?

今回は学資保険について詳しく書いていきますよ!

学資保険の選ぶポイントや、各保険会社の学資保険のメリットやデメリットを書いていきます。

 
ぜひ今迷っているパパママは是非参考にしてくださいね♡

一緒に勉強していきましょう!

94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s


Sponsored Link

学資保険を選ぶ時のポイントは?

ではまずは学資保険を選ぶ時のポイントを紹介していきますよ。

最初に学資保険のメリットとでメリットを載せていきます。

メリット
・お金を貯められる
・被保険者になにかあったときに保険料を払い込まなくていい
・銀行に預けるよりも返戻率がいい
・年末調整の生命保険控除が受けられる

 

学資保険は毎月定期的にためることができるので、確実に貯金ができます。

さらに銀行よりも利率がいいのでとってもおすすめなんです。

また被保険者(パパかママ)に何かあったときに払い込みが免除になり、かつお金も受け取れます。

デメリット
・長期にわたって払い込まなければならない
・保険会社が破たんした場合、全額保証をしてくれない
・大きなインフレになったとき危険

 
学資保険は途中で解約すると、元割れしてしまいます。

払った額よりも少なくなってしまうんですよ。

なので解約はしないでくださいね。

 
さらに保険会社が破たんした場合全額保証はしてくれません

デメリットもしっかり確認しておきましょう。

学資保険の種類は2種類あります。

 
・貯蓄型
貯蓄型は教育資金を貯めることに重点をおいています。

この貯蓄型なら返戻率が100%超えるのが最大のメリット!

支払ったお金以上が帰ってくるんです。

 

・保険型
保険型とは積み立てにプラス保険がついていることです。

なので子供がけがをしたり、あってはほしくないですが、なくなってしまったときには医療保障やし死亡保障を受けることができます。

 
しかし月々の料金が高くなってしまいます。

さらに満期で受け取れるお金も少なくなってしまうんです。

 
これらのことから学資保険を選ぶ時のポイントは

『貯蓄型でかつ返戻率いい』

こういった学資保険のを選ぶ必要があります。

 
これから、返戻率ランキングや、人気の保険会社の学資保険を見ていくのでぜひ参考にしてくださいね。

子どもの教育資金をしっかり準備してあげることが大切です。

学資保険の返戻率ランキング!

ここでは気になる返戻率が高い学資保険を見ていきますよ!

ぜひチェックしてみてくださいね。

 
・明治安田生命「つみたて学資」
返戻率:112.6%

15歳払い済みと早い段階で払い込みが完了させるため、この高い返戻率を実現しています。

払い込みが早く終わるし、返戻率もいいのでいいですね!

 
・ソニー生命 「ソニー生命の学資保険 Ⅲ型」
返戻率:110.3%

 
・フコク生命「みらいのつばさ ジャンプ型」
返戻率:110.1%

兄弟割引があるフコク生命はママたちの間で人気になっています。

 
・フコク生命「みらいのつばさ ステップ型」
返戻率:108.4%

入学ごと(幼稚園、小学校、中学校)にお祝い金が受け取れるプランになっています。

 
・日本生命「ニッセイの学資保険」こども祝い金なし型
返戻率:107.4%

 
・ソニー生命「ソニー生命の学資保険Ⅱ型」
返戻率:106.3%

大学進学時に満額で受け取れるタイプになっています。

 
・アフラック「夢見るこどもの学資保険」
返戻率:105.2%

 
・ソニー生命「ソニー生命の学資保険Ⅰ型」
返戻率:102.6%

中学入学、高校入学、大学入学と節目に応じてお祝い金がもらえるプランになっています。

 
・かんぽ生命「はじめのかんぽ」
返戻率:100.0%

 
以上が返戻率ランキングになります!

次からは実際に保険会社の学資保険についてこまかく見ていきましょう。

かんぽの学資保険のメリットとデメリット

かんぽ生命
まずは学資保険といったらまずここが思い浮かびますよね!

郵便局のかんぽ生命「はじめのかんぽ」です。

可愛いヒヨコがトレードマークになっています。

メリット
・3つのコースが用意されていて、自分のすきなタイミングで受け取れる
・12歳で払い終える短いタイプがある
・0~12歳まで入れるので、大きくなったお子さんでもOK
・支払方法が5つに分かれているので選択の幅が広がる

 
以上がメリットになります。

まず、3つのコースとは大学入学時に全額もらえるのと、小中高+大学入学と入学ごとに受け取れるコース、大学入学時・在学中に受け取れるコースになります。

一人暮らしをはじめるかたや、新生活準備には大学入学時・在学中に受け取れるコースがオススメです。

 

デメリット
・返戻率が他社より低い
・対応がおそい

 

デメリットに返戻率が低いのがあげられます。

これは長年言われてきたことで、他社のほうが返戻率はいいです。

 
正直に書きますが、対応も遅いと聞きました。

私の知り合いが郵便局の学資保険をかけていましたが、違うものにしたそうです。

返戻率も高くはないのであまりおすすめはできません。

 
ですが、郵便局ということで安心感はありますよね!

安心を求めるならオススメです。

かんぽ生命の返戻率は?

かんぽ生命の返戻率ですが、2016年8月に保険料が改訂されました。

そして返戻率は、、、100.0%or元割れしてしまったようです。

以前はそれこそ107%と他社とあまり変わらなかったんですよ。。

元割れしてしまうなら入る意味まったくありません。

すみません。

正直に書かせていただきました!

第一生命学資保険のメリットとデメリット

第一生命
次は第一生命学資保険のメリットとデメリットを見ていきましょう。

実は第一生命の学資保険は2種類あります。

・Mickey
→貯蓄重視型の学資保険になっています。

メリット
・返戻率が高い

 

デメリット
・学資金が分割受け取りになるから、大学の入学時のお金として使いにく

 

・こども応援団
保証が手厚い学資保険になっています。

 

メリット
・親ががんになっても払い込み免除が適用される

 

デメリット
・返戻率がやや低め
・学資金が分割受け取りになるから大学の入学時のと気となると使いづらい

 
以上が第一生命学資保険もメリットとデメリットになります。

 
保証を重視したいなら子供応援団がとってもおすすめ!

がんになっても払い込み免除になるのはなかなかないです。

第一生命学資保険の返戻率は?

気になる返戻率です!

・こども応援団A1型・・・・・80.8%
       A2型・・・・・104.5%
・MickeyB1型・・・・・96%
  B2型・・・・・106.0%
  C型・・・・・107.0%

返戻率にかなりの差があるのかわかりますね!

高いものの方が絶対にお得ですよ。

日本生命学資保険のメリットとデメリット

日本生命
次は日本生命学資保険「ニッセイ学資保険」のメリットとデメリットを紹介していきますよ!

 

メリット
・払込期間が短いので返戻率が高い
・保険の金額をあげると返戻率も格段に高くなる
・配当金がある

 

デメリット
・契約までの制限が多い
・払込が5年間以外は45歳までしか契約できない

 
以上がメリットとデメリットになります。

 
日生の学資保険は払込期間が短いので、とにかく返戻率が高い傾向にあります。

さらに配当金があるのもいいですよね。

 
デメリットは契約できる年齢が低いことです。

さらに契約の制限が多く契約できないばあいもあるそうですよ。

Sponsored Link

日本生命学資保険の返戻率は?

では最も気になる返戻率を見ていきましょう!

・祝い金あり
18歳払い込み完了・・・・・103.1%

 
・祝い金なし
5歳払い完了・・・117.0%
10歳払い完了・・・112.5%
18歳払い完了・・・105.0%

 
このようになっています。

すべて100%越えになっています!

ソニー学資保険のメリットとデメリット

ソニー生命保険
さて次はソニー生命「学資保険スクエア」です。

ソニーの保険もとても有名ですよね。

メリット
・ライフプランナーに相談できる
・無配当と5年ごと利差配当の学資保険の2種類がある
・10歳払いにすると高返戻率になる
・保険料払い込みの免除がついている

 
以上がメリットになります。

 
ライフプランナーに相談し、その家計にあったプランで学資保険をかけれるのがとっていいですよね!

さらに10歳払いにすればかなりの返戻率なんです。

 
また5年ごとに保険会社が予定より多く収益になった場合は配当金もらえる保険があるのいいですね。

保険料払い込み免除がついてくるのもうれしいポイントです。

 

デメリット
・わかりにくい

 
ソニー生命の公式サイトがとにかくわかりにくいんです。

なのでライフプランナーがいるんですよ。

理解するのが難しいのが難点です。

ソニー学資保険の返戻率は?

では返戻率を見ていきましょう!

●Ⅰ型・・・・18歳払い込み完了102.7%
●Ⅱ型・・・・18歳払い込み完了106.9%
●Ⅲ型・・・・10歳払い込み完了115.9%
15歳払い込み完了112.4%
17歳払い込み完了111.0%
18歳張り込み完了110.3%

  
全て100%越えでかなりの返戻率になっています。

とくにⅢ型は、払込期間が少ないほど高配当になっています。

アフラック学資保険のメリットとデメリット

アフラック
最後はアフラックの「夢見るこどもの学資保険」です。

アフラックといえばCMでも有名ですよね!
 

見出しタイトル
メリット
・10歳払いにすると返戻率がかなり高い
・クレジットカード払いができるからポイントがたまる
・大学生活最中に受け取れるプランがある

 
アフラックの最大のメリットは10歳払いにすると、返戻率がとても高くなるところです。

返戻率については次でお話ししますね。

さらにクレジットカードで払うことができるので、ポイントがたまるもの魅力ですね。

 

見出しタイトル
デメリット
・保険料払い込み免除特約を付けると保険料が少し上がる
・契約可能年齢が引くい

 
以上がデメリットになります。

 
他の学資保険は被保険者に何かあったら保険料を払い込まなくてもいいというものがあります。

もちろんこの夢見る子供学資にもその制度はあるんですが、保険料が高くなってしまうんですよ。

 
他の保険会社はもう含まれた値段になっているんです。

契約可能年齢が低いのでかけられない人も出てくるのが現状です。

アフラック学資保険の返戻率は?

では返戻率です。

・10歳払い込み完了・・・110.8%
・18歳払い込み完了・・・105.2%

10歳払い込み完了プランの場合高い返戻率になっています。

18歳払いでも100%超えるのがいいですね。

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s

まとめ

いかがでしたか?

今回は学資保険についてみてきました!

ぜひ選ぶ時は返戻率が高いものを選んで下さいね!

子供のためにぜひ家族で検討してみてはいかがですか?♬

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link