母乳って赤ちゃんにとって最高の栄養源です。

しかし、ママにとってはたくさん悩みが尽きないものでもあります。

そこで今回は母乳についてとことん書いていきますよ!

 

母乳はいつまで出るのか、授乳回数や時間、メリットやデメリットまで母乳のことがこれを読めばまるっとわかっちゃいますよ!!!

これから出産を迎えるママや、母乳で悩んでいるママに読んでほしい記事になっています。

少しでも悩んでいる方が解決できる糸口になってくれればと思います。

 

私自身、今2人目の母乳育児をしているので、少しでも参考になればうれしいです!

では早速みていきましょう。

50818a76847c25cae2e8a59c194f17b2_s


Sponsored Link

母乳育児に多い悩みは?

ではまず母乳育児に多い悩みを見ていくことにしましょう。

『母乳がちゃんと足りているのか』

これが一番多い悩みだとおもいます。

 

母乳はミルクのように目で見て量がわかりません。

なので本当に赤ちゃんがきちんと飲めているのがわからなく不安になるママがたくさんいます。

 

そのほかの悩みとして

・ずっとおっぱいをすっている
・授乳回数が多い
・おっぱいがつまりやすい
・乳首トラブル
・卒乳

このような悩みがあると思います。

これから詳しく見ていきますが、まず読む前に母乳育児に必死にならないでください。

 

最近はどこの産院も母乳育児を推奨しています。

しかし、中にはどんなに頑張っても母乳がでなかったり、体質で母乳が出づらい体質だったりと様々です。

だから自分はでない・・・とノイローゼになる方も多いんです。

 

今ではミルクだって母乳に近い栄養素になっていますし、なおかつミルクは飲んだ量もわかるし与えるタイミングも時間できっちり把握できます。

メリットもいっぱいあるんですよ!

ノイローゼになって赤ちゃんに笑顔を向けてあげられないのが一番よくないです。

ママの笑顔が赤ちゃんの一番の成長になります。

 

さらにおっぱいがあまりでなくても、ママのおっぱいに触れているだけで安心するんですよ!

なので神経質にならないでくださいね。

さて、本題に入っていきましょう。

母乳だけで育てる方がいい?母乳育児のメリットは?デメリットも公開!

今母乳育児を推奨している産院もとっても多いです。

そこで母乳育児のメリットとそしてデメリットも書いていきます。

ちょっと見ていきましょう。

 

メリット
・赤ちゃんにとって最高の栄養素になる
・母乳を飲んでいる赤ちゃんは、母親の免疫が移行するので生後半年まで病気になりにくい
・母乳はミルクをかわなくていいから経済的
・添い寝で寝かしつけることができるから楽
・赤ちゃんの口の周りの発達
・ママの産後の体の回復になる
・ママと赤ちゃんのスキンシップになる

 

デメリット
・授乳間隔がミルクよりも短い
・乳首のトラブルが付きまとう
・どのくらい飲んでるかわからず、足りているのか心配になる
・四六時中母乳が必要になるので、ノイローゼになるママも
・断乳後に胸の形が悪くなる
・食べ物や飲みもので出が悪くなったり、詰まりやすくなる

 
以上がメリットとデメリットになります!

いかがですか?

さらにもっと詳しくみていきましょう!

母乳は1日何回飲ませるの?

では母乳は1日何回飲ませるのでしょうか?

実は何回とは決まっていないんです。

『母乳はほしがるだけあげていい』ので、飲む回数も人それぞれなんです!

 

ですがだいたいの回数があるので目安として書いておきますね!

●生後1ヶ月:8~12回
●生後2ヶ月~4ヶ月:5~6回
●生後5ヶ月~6ヶ月:4回
●生後6ヶ月~:2回

このようになっています。

 

もちろんこれ以上飲む赤ちゃんもたくさんいます。

ちなみに、我が家の息子は生後9ヶ月で、おっぱいが好きすぎて離乳食が進まず、今でも6回以上は飲んでいますね。。。

焦っても赤ちゃんも私もストレスがたまるので、ママに笑ってくれてるならいーや!とおもっています。

 

娘も断乳してからもりもりいきなり普通の食事を食べるようになったんですよ!

なのであくまでも目安なので、今日この回数飲んでないと神経質にならないでくださいね!

一回の授乳時間は?

では一回の授乳時間はどのくらいなのか見ていきましょう!

『生後1か月までは10分長くても20分』

と言われています。

 

そこから成長するにしたがってだいたい最初の5分くらいで満足する量が飲めるといわれています。

でも赤ちゃんはおっぱいを吸うという行為で落ち着きます。

なので長くすっていたり、寝付くまですうということはよくあります。

安心するんですね。

 

なのでだいたい、新生児までは10~長くても20分

それ以降は5分~長くても10分と思っておくといいでしょう!

どれくらい飲んだかわからないときはどうする?

母乳はどれくらい飲んだかわからないというのがたくさんのママの悩みだとおもいます。

きっちり飲めているのかわからず、ノイローゼになってしまうママもいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

方法は3つあります。

・産院にいる間にチェックしてもらう
・産院にいってはかってみる
・スケールをレンタルする

 

まず出産したら産院に入院しますよね!

その時に助産師さんにスケールでチェックしてもらうのです。

 

だいたい生まれてすぐは30~50mlのめばOKとなっています。

なので授乳時間になったらまずはおむつを替え、スケールにあかちゃんをのせます

そしてそのあと授乳してから、またスケールにのせます

 

赤ちゃんが母乳を飲む前より30~50g増えていればちゃんと飲めているということになります!

さらに新生児の期間は産院で体重をはかれるので、退院して1週間や2週間後に図りに行ってみるのもいいでしょう。

 

初産の場合母乳育児が軌道に乗るまでに時間がかかります。

そこでスケールをレンタルしてもいいでしょう!

買うとたかいし、そんなに使いません。

レンタルで十分ですよ。

ベビースケール

こんな時は母乳が足りてないと思って!

では母乳が足りていないときのサインを見ていきましょう!

 

・体重の増加が悪い
成長曲線のカーブにそって増えてあれば問題ないのですが、下回るようなら体重が増えていないサインになります。

成長曲線の下であってもそれにそって増えていれば大丈夫です。

 

・おしっこの量が少ない
これが一番大切です。

1日平均6回、しっかりおむつが濡れていればおっぱいは足りています。

おしっこが少ないなといもったら、要注意。

脱水症状を起こしてしまいますよ!

 

・便の回数が少ない
便の回数もおっぱいの量の目安になります。

特に新生児の頃は1日1回~2回うんちが出ていればOKという目安になります。

 

・一回の授乳時間が長いまたは短い
おっぱいを飲んだのに、30分もしないうちにまたほしがったり、1時間近く乳首をすっているという場合は足りてないサインになります。

母乳が足りていないということは赤ちゃんにとっても危機です。

母乳育児にこだわりすぎて、赤ちゃんが低血糖になったら大変です。

母乳の出が悪くなる原因は?

では母乳の出が悪くなる原因とはなんでしょうか?

・脂っこい食事
・甘いもののとりすぎ
・水分不足
・ストレス

以上が母乳の出が悪くなる原因になります。

 

脂っこい食事や甘いもののの取りすぎはおっぱいがどろどろしてくるんです。。

そのため詰まってしまったり、出が悪くなるのです。

 

またストレスもおっぱいの出を悪くする原因になります。

時には旦那に赤ちゃんを任せて授乳時間になるまで、息抜きとかしてみてください。

それだけでもだいぶ違いますよ!

 

私はよく、2時間だけ買い物にいったり、外にでていましたね!

息ぬきはとっても大切です。

ストレスはためないようにしてくださいね!!!

Sponsored Link

母乳の出をよくする食事は?

では母乳の出をよくする食事はなんでしょうか?

『和食』

です。

 

和食はバランスも良く、おっぱいもサラサラにしてくれるんですよ!

バランスの良い食事は産後の体にもとってもいです。

和食は本当におススメですよ!

 

おっぱいがサラサラになると、ママの乳腺炎の予防にもなります。

ぜひ和食を心がけてくださいね!

和食

おいしそうに飲んでいるけど母乳ってどんな味?

赤ちゃんはおいしそうに母乳を飲んでいますよね。

でもそれって一体どんな味なんでしょうか?

 

一般的には、牛乳を水で薄めて少し砂糖を入れたような味がするんです。

ですが、生臭く、私たちのような大人がごくごく飲めるようなおいしいものではありません。

 

そして、母乳の味は母親の食べているものでかなり変わってくるんですよ。

その話は次で紹介しますね!

食べ物で母乳の味が変わるってホント?

先程、食べ物で母乳の味が変わるって書きましたが知っていましたか?

上で脂っこいものや甘いものを食べる母乳がドロドロになるとはなしましたね。

母乳がどろどろになると、味がとっても甘くなるんです!!

 

ん?赤ちゃんはうれしいんじゃないの?と思う方!それは違うんです。

赤ちゃんの舌は大人がおもっている以上に敏感です。

赤ちゃんは程よい甘さの母乳が好きなんですよ。

 

甘すぎると飲まなかったり、消化不良を起こしてしまうこともあるんです。

赤ちゃんはどろどろの母乳より、さらさらの程よい甘さの母乳が大好きなんですよ!

母乳っていつまで出るもの?

ではそもそも母乳っていつまで出るんでしょうか?

実際は赤ちゃんが吸っている期間はでます。

 

ですが、離乳食が進んだり、普通食になっていくとそれに応じでだんだんと母乳も出なくなってきます。

さらに、夜しか吸わなくなってきたという場合も昼間はあまり出なかったりします。

赤ちゃんが母乳を飲むリズムに合わせて出てくるというようになります。

やっぱり母乳パッドは必要?

母乳パッドって必要でしょうか?

私は必要でした!

母乳が良く出る方はあった方が便利です。

母乳って片方吸われると、もう片方からでてくることがたくさんあります。

なので、下着が汚れないようにするためにも母乳パッドは必要ですよ。

母乳の汚れって一度ついたらなかなか落ちません・・・。

 

さらに私は仕事をしながら母乳育児をしているので、仕事中にやはり胸がはってしまい出てくることもあるんです。

母乳パッドは本当に重宝しています。

今は、簡単にはれるし、取り換えられるのでぜひ購入をおすすめします!

母乳を卒乳するタイミングは?

そしてママたちが気になる卒乳のタイミングです。

 

実は卒乳と断乳では意味が違います。

卒乳・・・赤ちゃんが自分からおっぱいを離れる
断乳・・・ママからおっぱいを離す

このような違いがあります。

 

卒乳をしたいという方は赤ちゃんがから離れるのを待つのがベスト。

しかし、おっぱいが大好きな子は何歳になっても離れないという問題があります。

そこで『離乳食がしっかり食べられて、1日に母乳をのむ回数がへってきたらおもいきって断乳してしまう』のも手です。

 

この時期はだいたい1歳から1歳半くらいになります。

私の娘は1歳2ヶ月の時に思い切って離してしまいました!

母乳がなくなると最初は泣きますが、夜はぐっすり寝てくれるようになったり、ご飯をたくさん食べてくれるようになりました。

 

でもこればっかりは赤ちゃんとママのタイミングです!

自分で見極めておっぱいから離してあげましょう。

母乳育児から離乳食の進め方は?

母乳育児をしていると離乳食って進みずらいです。

我が家がそうです・・・。

・少ししか離乳食を食べない・・・
・すぐ口から出す・・・
・母乳を飲みたがる

このような問題が出てきます。

 

しかしあわてなくてOK。

娘も母乳をはなしてから食べるようになりました!

もし全然食べてくれないという場合は母乳をなるべくあげないようにするとあきらめてたべてくれたりします。

 

おっぱいのみでも赤ちゃんって育つんですよね・・・

こんなこと書いたら怒られちゃいそうですが・・。

娘を育児してみて、笑って元気ならまあいいか!って思うようになりました。

 

今はしっかり食べてくれていますよ!

なのでそんなに悩まないでくださいね!

一口二口たべられたら、えらい!!ってほめてあげてください!

71540bd6c6b0b1b13946a838855b738a_s

まとめ

今回は母乳について詳しくみてきました

一番はストレスをためないこと。

 

育児は終わりがありません。

今このかわいい瞬間を笑顔で過ごさないのはもったいないです!

もし母乳育児で壁にぶつかったらぜひこの記事を読んでくださいね。

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link