お子さんをもったことのあるままなら、一度は聞いたことのある赤ちゃんの「ずりばい」

しかし新米ママは、聞いたことはあるけどあまり詳しく知らない。

って方も多いと思います。

なので今回は、そんなずりばいのことをすべてご紹介していきたいと思います!

最後まで読んだらきっと疑問も解消されますよ♪

ずりばい


Sponsored Link

ずりばいとは

赤ちゃんは首が座わり、寝返りができ、その次におすわりができるようになります。

そしてハイハイができるようになるんですが、そのハイハイの練習としてずりばいをします

 
では、ずりばいとはどういう状態のことを言うんでしょうか?

 
それは、うつぶせの状態でお腹を床につけたまま、手足を使って前や後ろに進むことをいいます。

赤ちゃんは筋力がないため、自分の力で体を持ち上げることができないんです。

そのため、いきなりハイハイができずハイハイの前段階としてずりばいをするんですね。

ずりばいする時期はいつから

ずりばいがどんなものかわかったところで、じゃあいつからずりばいをするんだろう?

と思いませんか?

 
ずりばいの時期は、生後7~8ヶ月頃といわれています。

寝返りをしてうつぶせになり、手や足を動かして体を移動させているうちにずりばいができている

ということが多いんです。

 
ただし、ずりばいをしないままハイハイや立っちができるようになる子もいるので、

うちの子、ずりばいする時期なのに全然しないな…

と、心配せる必要はありませんよ。

 
ずりばいをする子でも、早い遅いはもちろんあるので、それほど神経質にならずに成長を楽しみましょう♪

ずりばいの前兆は?

赤ちゃん ずりばい

ずりばいの兆候は、まずうつ伏せができるようになります

そして、腕だけで支えながら首と顔が上にあがるようになりますよ。

そのうち、前進も後進もしませんがその場で回ったりして動き出します。

こういう状態がずりばいの兆候といえますよ。

チェックポイントは

・足で床を蹴っている
・腕で支えながら首と顔がしっかり上がっている
・片方の足の膝が浮き、おしりが突き出している

これらが見え始めたらずりばいをし出すのもそう遠くはありませんね♪

ただし、この工程の成長過程も個人差があるので、兆候が見えたからと言ってすぐできるかというと、そうでもない子もいます。

ずりばいが大切な理由は?

あなたはずりばいは大切ということをご存じですか?

実は、意外と知られていないんです。

赤ちゃんのずりばいは脳の発達にとても大切といわれています。

 
生まれてから赤ちゃんは手足をバタバタさせますが、その段階では延髄という、もっとも古い脳の部分が使われます。

そして、成長に伴いずりばいをするようになると、脳橋、中脳、皮質という順番で新しい脳が使われるようになります。

 
赤ちゃんの成長に一番大事なのが、延髄を脳橋となります。

ずりばいの運動をすることにより、その機能が発達する。

というわけなんです。

 
では、ずりばいをした子にはどんなことが影響してくるのでしょうか?

ずりばいをすると、知性や運動能力の発達に大きく影響してくると言われています。

無理にさせる必要はありませんが、ずりばいをしている姿を見たら、脳の成長をしている証拠です!

 
その他にも、ずりばいにはこんな効果があるんです!

・ずりばいで筋トレ
・O脚や外反母趾の防止

これらの効果が得られます。

 
・ずりばいで筋トレ
ハイハイをするには腕と脚の筋肉を使います。

筋力が足りていない赤ちゃんは、ずりばいで筋肉を鍛える練習をするんです。

今まで使わなかった筋肉を使うと、とても体力を使い疲れますよね。

毎日のずりばいは筋肉をつけるためにとても大事な役割があるんです!

 
・O脚や外反母趾の防止
ずりばいは筋力を上げるほかに、足の親指を使うことにより脳が刺激され、言語や運動機能に大きな影響を与えます。

今後、ハイハイや、二足歩行でも親指を使う。ということが大事になってくるので、ずりばいの時期から慣らしておきましょう。

そして、足の親指を使うことによって、将来O脚や外反母趾になりにくくなる。ともいわれているんですよ。

 
わが子の成長は、ままにとってとても楽しみですね!

ずりばいの練習は必要?

ずりばい練習

先程、上記でずりばいは大事というお話をしました。

ずりばいをしない子もいますが、できれば練習させてあげるといいでしょう。

そうすることで、赤ちゃんの脳や体にとてもいいとされていますよ。

ずりばいを始めるタイミングは

・うつ伏せでも機嫌がいい
・手足をバタバタ動かしている
・体を反って手足を伸ばしている

これらがうまくできたらずりばいの練習を始める合図ですよ!

 
次で練習方法を詳しく見ていきましょう!

ずりばいの練習法

ずりばいがいいとなれば、わが子にも練習させたい。と思うママも多いはずです。

なので、赤ちゃんと遊びながらできるずりばいをご紹介します♪

練習方法は、

1.足で何かを押す楽しみを教える
2.ママがお手本
3.手が届かないところで気を引く

のステップで練習していきましょう。

1.足で何かを押す楽しみを教える
赤ちゃんがうつ伏せの状態で、手足をいっぱい動かしている時に、赤ちゃんの足の裏をママの手の平で軽く押してキックの練習をさせてみましょう。

それで何かを押すという楽しさを覚えていくきっかけになります。

 
2.ママがお手本
キックができるようになったら、ママがずりばいをして見せてあげましょう

そうすることで、赤ちゃんが真似をし、楽しくずりばいができるようになります。

 
3.手が届かないところで気を引く
赤ちゃんの目の前(手が届きそうで、届かないところ)におもちゃを置く方法です。

届きそうなのに、もうちょっと頑張らないと届かない。

という距離におもちゃを置くと赤ちゃんは、その距離を頑張って動こうとします。

上手に動けたらずりばい成功ですね。

 
ママが目の前で声をかけてあげるのもいいですよ♪

 
すぐできるようになる子もいれば、全然できない子もいます。

諦めず、悩まず、根気強く赤ちゃんと進めていきましょうね!

Sponsored Link

ずりばいで後ろに下がってしまう?

ずりばいは、前にも後ろにも進みます

ずりばいを始めたばかりの赤ちゃんは、後ろにばかり移動することが多いんです。

では、なぜ後ろ向きに進んでしまうのでしょうか?

 
それは赤ちゃんが足で床を蹴っていると同時に、腕を突っ張ってしまうからなんです。

当然腕がつっかえてしまい、前に進めず後ろに下がってしまうんですね。。。

 
違うよ!そうじゃないよ!

と言いたいところですが、赤ちゃんは少しずつ学びながら成長していっているので、心配せず見守ってあげましょうね♪

 
ある日を境に、突然腕を突っ張るのをやめて自然と前に進むようになりますよ♪

赤ちゃんがずりばいをしない時は?

ずりばいをする、しないはその子によって違います。

うちの子は7ヶ月に入ってるし、そろそろかな~?

と思われているママもたくさんいると思いますが、成長は赤ちゃんによってそれぞれ違いますよ。

 
また、寝返りがとっても上手な赤ちゃんはずりばいが始まるのが遅くなる傾向にあります。

なので、まだ?とあまり思わずにいつかは出来るようになるかな?と気長にわが子の成長を楽しんでくださいね♪

 
そして、ずりばいをする子もいますが、ずりばいなしでハイハイしちゃう子もいるのでしないからと心配することはありませんよ♪

どうしてもずりばいをさせてあげたい場合は、上記で書いたずりばいの練習方法を試してみてもいいですね!

ずりばいを始めたら注意することは?

わが子がずりばいを始めたらままも嬉しいですよね!

そんな赤ちゃんの脳の成長にとてもいいずりばいですが、ずりばいをし始めたらママは注意しなければいけないことがあります!

・床のものやゴミなどの排除
・角や突起物にカバーをつける
・コードなどを隠す
・キッチンの侵入を防止する
・階段からの転落を防止する

・床のものやゴミなどの排除
床にずりばいするということはモップ状態になるわけですから、できるだけ汚れやゴミ、埃は排除しましょう。

あと、口の中に入りそうなものも置かないように気を付けて下さいね。

赤ちゃんはなんでも口に入れてしまいますよ…

 
・角や突起物にカバーをつける
今までは赤ちゃんが前に進むことはなかったと思いますが、ずりばいを始めたら勝手にその場からいなくなってしまいます。

少し目を離した瞬間に移動して、角や突起物に頭をぶつけると危ないですよ…

カバーをつけてぶつけても大丈夫にするとママも安心ですよね♪

 
・コードなどを隠す
コードを見つけてハムハムすると汚いですし危ないので、できるだけコードも隠しましょう。

 
・キッチンの侵入を防止する
ママがキッチンに入ったら赤ちゃんも付いていくことがあります。

キッチンは包丁やはさみなど鋭利な物も多いですし、鍋やまな板など大変重たいものもたくさんあります。

どれも赤ちゃんに落下しては命を落とすかもしれないので、絶対に赤ちゃんをキッチンにいれないようにしましょう。

 
キッチンの侵入防止のゲートなどを置くと助かりますよ♪

 
・階段からの転落を防止する
勝手に動き回って、もし階段やベッドなどの段差から転落しては大変です!

落ちないようにゲートを置くなど工夫して、赤ちゃんを危険から守りましょう!

ずりばいからハイハイするまで

ハイハイ

上記でも説明しましたが、ずりばいとはうつぶせの状態で、足で床を蹴ったり腕で踏ん張って前や後ろに移動することをいいます。

所謂、「ほふく前進」ですね。

 
ずりばいをすることで筋肉がつきハイハイができるようになります。

一般的に言われているのは、ずりばいをができたら次はハイハイといわれています。

 
ですが、その子によってずりばいをしてからつかまり立ちができてハイハイする子もいたり、本当に赤ちゃんによって違うんですよ。

順番はないので、ずりばいをしたから次はハイハイ。と決めつけずに、1つ1つの成長を喜んであげましょう!

ずりばい動画一覧

最後にずりばいとはどういうものか。

動画で紹介していきますね!

これがずりばいです!

 
もう少しで出来そうな子や、もうできている子など様々な赤ちゃんを紹介しました!

練習方法もこれを参考にしてみて下さいね!

まとめ

ずりばいというものがどういうものかわかっていただけたでしょうか?

ずりばいを始めてもいい条件や、始めたら気を付けないといけないことをしっかり確認してあげて下さいね♪

練習方法も動画で紹介したので、わからない場合は参考にしてください。

赤ちゃんの成長は本当に個人差がでます。

ずりばいをしない子もいますので、できないからと言って不安にならずに、気長に見守ってあげましょうね!

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link