赤ちゃんってよくしゃっくりしませんか?

実はママのお腹にいる頃からしゃっくりってよくしているんです!

胎動でどのママも経験しますよね。

そこで今回は赤ちゃんのしゃっくりについて書いていきます。

どうして赤ちゃんにはしゃっくりが多いのか、止める方法、しゃっくりが出にくい授乳法、少し怖い病気の可能性まで、盛りだくさんで書いていきます!

赤ちゃんのしゃっくりの疑問はこれを読めば解決しますよ!

赤ちゃん ビックリ


Sponsored Link

赤ちゃんのしゃっくりって?

そもそも赤ちゃんのしゃっくりの仕組みは大人とまったく同じなんですよ。

しゃっくりは横隔膜が収縮や弛緩することで起こるものです。

この横隔膜収縮や弛緩は放置しとけばいつの間にか収まってしまいます。

 
赤ちゃんがしゃっくりしている!どうしよう!と慌てないでくださいね。

それから小さいころ聞いたことある『100回しゃっくりすると死んでしまう』なんて噂もまったく嘘です。

 
赤ちゃんのしゃっくりは本当に多いです。

日常茶飯事のことなので心配しないでくださいね。

しゃっくりの原因は?

赤ちゃんのしゃっくりの原因って何があるか見ていきましょう!

赤ちゃんのしゃっくりの原因は4つあります。

・母乳やミルクを飲むことで消化器官や食道が働くため
・体温の変化
・周りの気温の変化
・授乳中に空気をすってしまう

以上4つが原因になります。

 
体温の変化とは、おしっこでおむつが蒸れた、汗をかいたといったものがあげられます。

よく赤ちゃんがしゃっくりを始めると『おしっこしたんじゃない?』といわれたことがある人も多いと思います。

オムツの濡れは結構赤ちゃんのしゃっくりの原因になっているんですよ。

赤ちゃんの簡単なしゃっくりの止め方

基本的にしゃっくりは放っておけば治まりますが、ママは少し心配してしまいますよね。

ここでは簡単にできるしゃっくりの止め方を7つ書いていきます。

・ミルクか母乳をのませる
よく聞く方法ですよね。

何かを飲み込むとしゃっくりは止まるんです。

ここで注意点が、少しずつ飲ませるということです。

量を多く飲ませすぎてしまうと逆にしゃっくりがひどくなってしまうので注意してくださいね。

 
・おむつを替えてあげる
おむつの中が濡れて寒くなりしゃっくりを起こしているなら、おむつを替えてあげましょう!

おしっこをしていたらすぐ変えてしまうのもしゃっくりの予防にもなります。

ぜひこまめにおむつはチェックしてあげてくださいね。

 
・泣いたらとまる
実は泣いたらぴたっととまった!なんて経験しているママも多いはず。

泣くという行為は肺を使い、気道も広がるので横隔膜の痙攣が収まるんです。

泣くというのは止めるのにはてっとり早いんですよ。

 
・うつぶせ寝にする
体勢を変えるとしゃっくりは止まります。

しかしうつぶせで止める場合はママがしっかり見てあげるようにしてくださいね。

寝返りができる子はいいですが、できない子や首が座ってない子は、窒息したら大変ですよ!

 
・気温の変化にきを付ける
夏場や冬場にエアコンの風があたる場所に赤ちゃんがいませんか?

もしいた場合は風が当たらない場所に赤ちゃんを移動しましょう。

風が当たることによって体が冷えしゃっくりを起こしているかもしれません。

 
・外へ出る
大人もそうですが、気分転換するといつの間にかしゃっくりって治まっていませんか?

これは子供も同じで外に出て違うものに興味が行くとあっという間に治まってしまうんですよ。

散歩にでるのもいいですよ。

 
・背中を優しくたたく
授乳後にげっぷをだす方法で背中を優しく叩くとしゃっくりが治まります。

体がリラックスして、横隔膜の痙攣が収まってくるんです。

ぜひ試してみてくださいね。

 
以上7つがしゃっくりの簡単な止め方になります!

今から誰でもできるのでぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

新生児はしゃっくりが多いもの?

赤ちゃんの中でも特に新生児はしゃっくりが多いです。

 
新生児は横隔膜も未熟になっていて、授乳の時に空気を飲んでしまったり、おむつが濡れて冷たいなど少しの刺激でしゃっくりが出るんです!

初めて子育てをしているママは心配になると思います。

しかし、新生児がしゃっくりが多いのは日常茶飯事のこと。

あまり神経質にならないでくださいね。

 
次からはしゃっくりがでにくい授乳方法を書いていきますよ!

しゃっくりが出にくい授乳方法がある!

ではしゃっくりが出にくい授乳法を書いていきますね。

それは『げっぷ』をさせるです!

げっぷって大事なんですよ!

授乳の時に吸った空気を出してあげると、しゃっくりの予防になります。

赤ちゃんを縦にだっこし、頭を肩に乗せ背中を軽くたたくか、上下に優しくさすってあげてくださいね。

 
しかし、新生児はげっぷがへたくそでなかなかというママも多いですよね。

最低でも10分~15分はさすり続けてあげてくださいね。

ママは大変ですが・・・・。

本人が苦しそうにしてなければ大丈夫です。

 
また授乳の際に、乳首を深く加えさせて授乳するのもげっぷが出にくくなるポイントです!

ぜひ試してみてくださいね。

しゃっくりが止まらないのは病気?

実は病気が原因でしゃっくりが出ることもあるんです・・・。

これは怖いですよね。

危険なしゃっくりのサインを3つあげておきます。

・1日中しゃっくりがとまらない
・しゃっくりが止まらなく息苦しそう
・しゃっくりすると胸がへこむ

以上3つが危険なサインです。

 
とにかくしゃっくりが止まらない場合は、難治性しゃっくり、胃炎といた様々な病気が考えられます。

さらにしゃっくりすると胸がへこむ状態が続く場合もぜひ病院で受診してくださいね。

しゃっくりはほとんどが心配のないものですが、明らかにいつもと様子が違うなと思ったら、早めに小児科に受診しましょう!

しゃっくりはいつごろから減ってくる?

赤ちゃんのしゃっくりは、本当に日常茶飯事です。

でも安心して下さいね。

成長とともに減っていきます。

自分で寝返りができる5ヵ月~減っていくんですよ。

また離乳食が始まると自分でもげっぷが出せるようになり、1歳にはかなり減ります。

かわいいしゃっくりが聞けるのもこの時期だけなので、かわいい時期も体験してくださいね♡

赤ちゃん 笑顔

まとめ

今回は赤ちゃんのしゃっくりについてみてきました。

しゃっくりは本当に日常茶飯事なので、心配しないでくださいね。

しかし少しでもおかしいなとおもったらすぐ病院を受診しましょう!

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link