赤ちゃんはおっぱいを飲んだ後、ミルクを飲んだ後必ず出させるのが『げっぷ』です。

しかしどうしてゲップって必要なのでしょうか。

 
そこで今回はげっぷについて詳しく書いていきますよ!

これを読めばげっぷについてわかっちゃいます。

 
ゲップの出し方のコツや、出ないときの対処法などたくさんお届けしていきたいと思っています。

ゲップで悩んでいるママ、これから出産を控えているママはぜひ読んでみてくださいね!

赤ちゃん


Sponsored Link

赤ちゃんのゲップはどうして必要?

赤ちゃんのげっぷはどうして必要なのでしょうか?

理由は4つあるので見ていきましょう。

・飲んだ母乳・ミルクの吐き戻しを防ぐ
・お腹の中の空気を抜くため
・母乳・ミルクを胃の中にしっかりといれるため
・気管のつまりを防ぐ

このような理由からゲップは必ず必要になります。

 
ゲップをしないと、胃の中は空気と母乳・ミルクの両方を溜めておくことができず、逆流し吐き出してしまうのです。

きちんと消化を助けるにもゲップはとても大事なんです。

 
また、ゲップが出ないことで気管がつまり息苦しくもなるんです。

特に赤ちゃんは自力でゲップを出すことができず、苦しくて泣くことも。

ママやパパがしっかりゲップをさせてあげることが大切なんですよ。

母乳の場合はげっぷはいらない?

実は母乳の場合ゲップはあまり重要視されていないって知っていましたか?

これは驚きですよね!

 
実は私が出産した産院でもげっぷはさせなくても大丈夫といわれました。

これにはちゃんとした理由があるんですよ。

 
赤ちゃんはおっぱいを飲むときに、乳首を舌で巻いてぺちゃんこにしながら飲んでいるんです。

なかなか難しい動作をしながら飲んでいるんですよ。

そのため、口の中に余分な空気が入らず、空気と一緒に飲むことがあまりありません。

 
ですがママの乳首の形によっては口の中に空気が入るのでゲップをさせる必要があります。

 
私は必要ないといわれてもゲップは出してあげていました。

やはりさすってあげるとしっかり出ていました!

なのでゲップをさせてあげる分には全然問題ないです。

 
しかし、母乳でも搾乳して哺乳瓶で上げた場合はかならずゲップをさせてあげてくださいね!

あくまでも乳首から飲んだ場合のみゲップは必要ありあません。

ミルクの場合はげっぷは必須になります。

 
覚えておきましょう!

赤ちゃんのゲップはいつまでさせればいい?

赤ちゃんのゲップっていつまでさせればいいのでしょうか?

一般的には

『生後5ヵ月~6ヵ月まで』

とされています。

 
大体首がすわる3~4ヶ月になると、飲み方が上手になります

さらに5ヵ月~6ヵ月になると寝返り等自分で体を動かすうちに、ゲップも自然と出るようになってきます。

 
ちなみに余談ですが、私の娘と息子も5ヵ月には自分で出せるようになっていたので、ゲップを出させるのはやめてしまいました。

しかし赤ちゃんの様子をみて苦しそうだな、まだ出せなさそうと思ったら、ゲップの補助をしてあげてくださいね!

正しいゲップのさせ方は?

では初心者のママも必見!正しいゲップのさせ方を書いていきますよ。

ぜひ実践してみてくださいね。

1.椅子やソファに浅く座る
2.赤ちゃんを縦に抱っこし、肩にもたれるようにする
3.赤ちゃんの胸がママの肩に乗るまで上に押し上げる
4.背中をさすったり、トントンする
5.5分~10分する
6.ゲップが出たら完了

以上が正しいゲップの仕方になります。

 
ゲップの出し方のポイントは

・ママは赤ちゃんのゲップの出しやすい角度にする
・ゲップと一緒に母乳・ミルクがでることがあるので、肩に布を乗せる
・肩に押し上げるときは、赤ちゃんの背中が軽く丸くなるくらいまで
・背中をさするときは下から上へ、激しくはたたかない

以上がポイントになります。

 
最初はゲップを出すにも一苦労ですが、慣れてしまえば簡単に出すことができます。

できるかな・・と不安になったママ。大丈夫です!

みんなできてますよ!

なので安心してくださいね♡

 
ゲップの正しい仕方はこの動画を見てもらうとさらにわかりやすいです♪

ゲップがでないときはどうする?

ではなかなかさすってるけど、全然でない場合はどうすればいいでしょうか?

『あきらめてOK!』

拍子抜けした方もいると思いますが、あきらめちゃってください!

 
ゲップが出ないときはでないです。

むしろママが疲れちゃいます。

ゲップの変わりにおならをする子もいるんですよ。

 
ゲップが出ないときは

『横向きにして寝かせる』

これが大切になります。

 
横に寝かせた瞬間ゲップがでる場合もあるんです!

頑張ったのに・・・・と思いますが。(笑)

 
寝かせるときは必ず『右側が下』になるように寝かせてあげてくださいね!

胃が腸へつながる場所が右側にあるので、右下にすることで消化を助けます。

もしゲップをして母乳・ミルクが出てしまい、それが喉につまったら大変です!

 
背中にはタオルやクッションを置いて元の位置に戻ってしまわないように防止しましょう。

口元にはタオルを敷いておいてあげると◎

ゲップをしないで寝てしまったら?

では横向きにしたけど出ないし、赤ちゃんが寝てしまったら・・

起こすのもなんだかかわいそうだし・・・

無理に起こさなくても大丈夫ですよ!

 
1回や2回げっぷが出なくったて平気なんです。

ゲップが出ないからと言って神経質になるのは禁物

赤ちゃんが寝てしまったら、逆流を防ぐために頭を少し高くして寝かせてあげてくださいね。

 
もし寝ている間に吐き戻してしまってもこれなら安心ですよ。

案外ケロっと寝ている赤ちゃんが多いです。

さらに寝ながらブブとおならをしている赤ちゃんもいます。

Sponsored Link

ゲップが止まらない!これって病気?

360700fb9b4772f971489a70d6c20a80_s
ゲップが出ないならまだしもゲップが止まらないときは!!

焦るママもたくさんいますが、焦らないでくださいね。

 
母乳・ミルクをのんでいるときに大量に空気も一緒に飲んでしまっているため、お腹にガスがたまっているため、何回もゲップが出るのです。

そんな時はおなかをひらがなの『の』を書くように優しくマッサージするといいですよ!

 
赤ちゃんの様子をみて、ゲップが止まらないことで、顔色がおかしい、泣き方が異常等の症状がなければ心配しなくても平気ですよ。

赤ちゃんの様子をしっかり確認し、自然に止まるのを待ちましょう。

ゲップの後にしゃっくりがでる原因は?

赤ちゃんがよくゲップの後にしゃっくりをしていませんか?

これは本当によくあることなんです。

 
ゲップにより、横隔膜が刺激され、しゃっくりがでるんですよ。

本当にちょっとした変化でしゃっくりって出ます。

特に生後2か月くらいまではしょっちゅうでます。

 
成長するごとに回数も減っていくので気長に付き合ってくださいね!

しゃっくりを止める方法として、母乳やミルクをすこし飲ませてあげるのもいいです。

しかしあげすぎは危険です。

ゲップを出してもミルクを吐いてしまうのはなぜ?

でもゲップをしても赤ちゃんってミルクを吐いてしまいますよね。

それってなぜでしょうか。

 
生まれてから生後3ヶ月くらいの赤ちゃんは胃の発達が未熟なんです。

胃の入り口の筋肉がまだまだ弱く、ほんの少しの刺激でも簡単に吐いてしまうんですよ。

さらに満腹感がまだわからないため、飲みすぎでも吐いてしまうんですね。

 
なのでゲップ後たらっと垂らすのをいつ乳といいますが、このいつ乳は所しょっちゅうあります。

私の息子もいつ乳は結構ありましたし、飲みすぎて思いっきり吐くこともありました!

そのあと赤ちゃんがケロっとしているなら大丈夫です。

こんな吐き方は要注意!

一方で、吐き方によっては病気の可能性もあるんです。

では病院を受診する吐き方を見ていきましょう。

・噴水のように吐く
・吐くのを繰り返し、ぐったりしている
・吐いた後に激しく泣いたり、不機嫌になったりする
・おしっこの回数や量がへる
・吐く回数が多く、体重がふえない
・吐いたものがミルク色ではない

以上のような症状がみられる場合は早急にかかりつけの小児科に受診しましょう。

 
怖い病気が潜んでいる可能性があります。

それは・・・

・胃食道逆流症
・先天性肥厚性幽門狭窄症
・噴門緩急症
・胃軸捻転
・腸重積

名前を聞いただけで怖いですよね!

 
それ以外の風邪や便秘、といった場合もあります。

少しでもおかしいなと思ったらぜひ病院を受診してくださいね。

ミルクを吐いたあとの対処法は?

でもやっぱり吐いたらママは心配でたまらないですよね。

ここでは吐いた後の対処法をかいていきます。

・顔を横向きに寝かせる
・頭をすこし高くする

この2つです。

 
顔を横向きにし、頭を少し高くすることで、吐いたこもので窒息してしまうことを防ぎます

窒息したらそれこそ大変です!

吐いたときはすぐこの対策をしましょう。

 
さらに吐いたものは、よく拭き取ってあげてくださいね。

赤ちゃんって本当によく吐きます。

初めて体験するママは慌てると思いますが大丈夫。

とにかく窒息だけは防ぎましょう。

ミルクで洋服を汚さない方法は?

最後はミルクでママの服が汚れない方法を書いていきます。

上でも書いたとおり、ゲップをさせるときは方にタオルや布を肩に置いておくと汚れるのを防げます。

普段お家にいるときは割烹着を着るのが◎

 
母乳やミルクはシミになるのが早いです!

もし大事な服に吐かれてしまったときは、すぐクリーニングンに出してくださいね。

 
私は家にいるときはもう着ない服をきて育児しています。

余談ですが、大きくなると襟を引っ張られるので、いい服なんて買えません・・・。(笑)

39fa49b61ce942ff0a34038bc0d8556c_s

まとめ

いかがでしたか?

今回はあかちゃんのゲップについて詳しくみてきました。

 
赤ちゃんは最初自分でげっぷができません。

そのため、頑張って出なくても神経質にならないように

さらに吐くこともしょっちゅうあります。

 
もし吐いた後様子がおかしかったら、すぐかかりつけの病院に行ってくださいね!

成長するごとにゲップも上手になり、吐くこともなくなります。

今の時期だけなので気長に付き合ってあげてくださいね!

 
 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link