暑い日中は、極力外に出ない方が良いのですが、それでも用事で出ないといけない場合もありますよね。

そんな外出時は油断すると熱中症にもなりやすいので、赤ちゃんの暑さ対策を充分気を付けてあげましょう。

年々暑さが増しているようにも感じる夏ですが、赤ちゃんにとっては過酷な暑さになってしまいかねないのをご存じでしょうか。

赤ちゃんの体温は大人よりも高く、しかも体温調節が未発達な為、よく汗をかいてしまいます。

暑くても文句が言えない赤ちゃんの気持ちを察してあげ、大人である私達が対策を練っていくようにしていくようにしなければなりません。

ほんの少しの工夫で、不機嫌になりがちな外出も楽になりますよ。

赤ちゃん外出


Sponsored Link

外出時の暑さ対策を紹介

外出時の暑さ対策として、保冷材が大活躍する時期です。

ミニタオルで巻いて、赤ちゃんにあててあげたり、赤ちゃんが車やベビーカーに乗る前まで置いておき、座る場所を冷やすのにも使えます。

保冷材は溶けるスピードが遅いというのも利点ですね。

また服装も、タンクトップのようなノースリーブよりも半袖のTシャツの方が、脇に汗がたまりにくいです。

特に紙おむつは蒸れやすく、汗疹の原因になってしまいます。

まだそんなにおしっこしていないと思っても、マメに替えてあげるようにしましょう。

勿論、熱さ対策には水分補給は欠かせません。

麦茶やほうじ茶、水を持参しましょう。

筆者は水を持っていきました。

お茶も良いけど、水だと飲むだけではなく、割と他にも応用が利くので外出時には重宝するのです。

お茶もお水も持って行く人もいますが、荷物を減らしたい場合は、水を選んだ方が良いです。

ベビーカーの対策法は?

ベビーカー

ベビーカーの高さは、大人の顔の高さより2~3度気温が高くなるそうです。

おまけに地面からの照り返しもあり、日よけは余り意味がなく、ただでさえ汗っかきな赤ちゃんだと、余計に汗をかいて汗疹に発展する事もあります。

ベビーカーでお出かけする時は、午前中と夕方の涼しい時間帯にして、短時間で済ませるようにしましょう。

外出時の注意点!

ベビーカーでのお出かけであっても、帽子は被っていた方が良いです。

赤ちゃんによっては、帽子が嫌いだと断固拒否してしまう子もいますが、その場合でも、カバンに入れておいて、寝たら被せるとかした方が良いです。

筆者の下の子がそんな感じでした(汗)

それも翌年にはこだわりがなくなりましたが、拒否っていた年のベビーカーでは帽子を被らないのなら薄手のタオルをベビーカーに掛け、日よけ代わりにしていました。

特に首の後ろは意外に日差しを受けやすく、熱くなりやすいので、ネッククーラーで冷やしてあげましょう。

そして背中に通気性の良いガーゼのタオルを入れておくと、蒸れて汗びっしょりになった時に、さっと引き抜くだけなので、いちいち着替える手間が省けます。

Sponsored Link

夏場の車移動で絶対にやってはいけないこと

チャイルドシート

未だに真夏の駐車場に、赤ちゃんを車内に置き去りにし、帰ってきたら熱中症で亡くなっていたという悲しい事件が後を絶たないでいますが、真夏にエアコンをかけない車は蒸し風呂地獄に匹敵する熱さです!

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)によると、気温35度の炎天下の駐車場に車体の色やサンシェードの有無、窓開けなどの条件の異なるミニバン5台を、南向きに12時から4時間駐車した状態で、各車両内に温度計測器を設置して、車内温度と車体の色が白色の車両にて熱中症指標計の計測を行った所、エアコンを使用していない車両の車内最高温度はいずれも45度を超え、車体の色が黒で窓を閉め切った状態の車両は57度、ダッシュボードは79度に達したと報告されました。

そして、熱中症指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、僅か15分で人体にとって危険レベルに達したそうです。

赤ちゃんや幼児が車内で寝てしまったから、僅かな時間だからといって、子供を車内に放置しないようにしましょう!

エアコンはかけた方がいい?

窓を開けて運転すると、確かに多少は涼しくなっても、風が赤ちゃんの水分を奪う可能性もあるから、エアコンをかけた方が良いです。

車内のエアコンは、どうしても大人用に合わせて効かせ過ぎてしまいがちです。

赤ちゃんが冷えすぎないように、バスタオル等をかけてあげるなどしましょう。

風向きを赤ちゃんの顔の方に向けないようにしておくなどの対策を取りましょうね。

また団扇や扇子でパタパタ仰いであげるのも良いですね。

なかなかエアコンが効かない時には、団扇で冷たい空気を前から循環させると違いますよ。

まとめ

筆者は結婚後、クーラーの要らない場所で生活していますが、それでもここ数年、かなりの暑さで夜も熱中夜で寝れない時もあります。

そんな時に夫が、日中窓のシャッターを下ろしているだけでもかなり温度が違うと教えてくれ、以来夏はそうやって何とかやり過ごしています。

シャッターやカーテンで日中の強い日差しを遮断すると、確かに夜は熱がこもらないので、これは良いですね。

路上駐車や屋根なしの駐車場に駐車する場合も、日除けを使用して、日差しを遮断しておくと違いますよね。

それと同様に、ベビーカーやチャイルドシートにもバスタオルや日除け用のシートをかけておき、座る時に外すと随分違いますよ。

 

管理人も利用中のおすすめサービスを紹介!

駅探オススメ

私の家族はとにかく外出が大好きです!

家族で遊園地やレストランに出かけると結構な出費になりますよね。
そんなときにすっごく役立つサービスがこちらです↓
【駅探バリューDays】です!


⇒駅探バリューデイズ!お得な使い方と解約方法を徹底解説!

映画・カラオケ・旅行・宿泊・遊園地などで使える特典は
子供とお出かけする家庭にはぴったりのサービスです!

【30日間無料】で使い放題!


私もずっと利用している超お得なサービスです!
月に一度、家族でお出かけするだけで元が取れちゃいます!

お出かけする前に一度確認してみてください




新幹線でお出かけするならこれがオススメ!



%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%82%8b


旅行へ行くときいつも新幹線を使うけど、毎回切符を買う時は行列… 順番待ちでイライラしたり、時間がギリギリで焦ったり…

なんてことありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめしたいのが『えきのる』というサービスです!!


⇒新幹線・特急列車の予約が簡単!混雑なしで簡単チケットGET!


これは、あなたの代わりに新幹線の切符をGETしてくれて、自宅や職場まで届けてくれる、とっても便利なサービスとなっています。

もちろん正規のチケットなので安心!

支払い方法もたくさんあって一番自分にあった方法が選べます。

子供がいるとみどりの窓口に並んでチケットを購入するのってすごく大変!


新幹線をよく利用する家族にはぴったりのサービスです!


家で簡単にチケットが手に入る便利な『えきのる』! ぜひ、新幹線でお出かけの時に利用してみてくださいね♪



Sponsored Link